カードローンは滞りなく返済を

βカロテンの抗酸化作用

肌が綺麗であるという方は、皮膚に栄養素が十分に行き届いており、老化させてしまう活性酸素をしっかりと除去できている状態なのだそうです。

 

このような抗酸化作用がある食品はいくつも知られており、私たちの最も身近な食べ物としては人参があります。

 

人参に含まれているβカロテンに抗酸化作用があり、同じようにβカロテンを多く含んでいるカボチャや大根の葉など、一般的に緑黄色野菜と言われる種類の野菜には抗酸化作用が強いということが言えます。

 

ということで、人参やカボチャなどをたくさん食べよう・ ・ ・という事が分かったのです。

 

私は小さい頃は人参が食べきれませんでした。どうにか食べるようになったのは、やっぱりカレーライス。

 

野菜嫌いでもカレーライスだけは食べることができたのです。

 

それからホワイトシチューも割と嫌いでしたが、ビーフシチューが美味しく食べることが出来てからは、何でも食べるようになったのです。

 

最近では、けんちん汁のような味噌汁には人参が入っていないと甘い汁にはならないため、好んで人参を使うようになってきました。

 

健康に良いと言われる良い食材をたくさん食べて、体の変化に気がつけばよいのですが、そのほとんどは全く分からない状態だと思います。

 

体がスムーズに動いているということは、必要な栄養素が足りている事になるのではないかと。

 

病気になったりして体の調子がおかしくなった時に、緑黄色野菜などの体への効果に気がつくのではないかと思うのです。

 

blog.livedoor.jp/rakening

カードローンの特徴について

カードローンとは、お金の融資のサービスのことです。

 

銀行や消費者金融からお金を借り、それを発生した利率に応じて返済していきます。

 

キャッシングと呼ばれることもありますが、キャッシングは借りたお金を一括で返済するものを指し、カードローンは分割で返していくものを指す傾向にあります。

 

サービスを提供している会社をカードローン会社と呼ぶこともあり、カードローン会社は多数存在しています。

 

一部の地域でサービスを提供しているところもあれば、全国対応しているところもあります。

 

知名度でいうと全国対応しているところの方が高く、借りられる上限金額も高い傾向にあります。

 

審査の基準にはそれぞれ違いがあり、審査が甘いところであれば自己破産者であっても借りられるところがあります。

 

また最近は雇用形態よりも収入が安定しているか、その仕事に就いてからの年数を重視するところが多く、そのためアルバイトやパート、自営業であっても審査対象となっているところがあります。

 

返済は利率があるため、借りた額よりも返す額の方が高くなります。

 

ただし例外もあり、7日間、1ヶ月間以内に返済すれば利息は発生しない消費者金融もあります。

 

また、借りられる金額は原則として利用者の年収の3分の1までとなっています。

カードローンは滞りなく返済を

自動車や宝飾品など高額な買い物をするときはもちろんですが、携帯電話や家電などの数万円程度の少額の買い物でも、気軽にカードローンを組むことができます。

 

とても軽い気分で組めるカードローンですが、借入額が高額でも少額でも、また月々の支払いの多少にかかわらず、毎月決済日に滞りなく支払いをすること、これは絶対に守らなければいけない約束です。

 

 

 

例えば、5万円の携帯電話を購入するのにカードローンを組んだとします。

 

2年払いで、月々の支払額は2500円程度です。

 

月々支払額2500円というと、家計を圧迫するような金額ではありません。

 

ともすれば、忘れてしまいそうな金額です。

 

忘れてしまいそうな金額だからこそ、気を付けなければいけないことがあります。

 

決済口座に残金があるかどうかです。

 

もしも、決済口座に2500円が残っていなかったら、引き落としされません。

 

引き落としがされないと、カードローン返済を一月滞納したことになります。

 

滞納したとしても、2500円にかかる金利だからたいしたことないと思われるかもしれません。

 

確かに金利はたいしたことはないです。

 

しかし、ローンを滞納した、返済が遅延したという実績が残ってしまいます。

 

2500円でも100万円でも滞納は滞納としてみなされます。

 

たった2500円で信用を失うことになるのです。

 

一度きりの滞納で、次のローンが組めなくなる可能性もあります。

 

実際、携帯電話のローンを滞納して、後に住宅ローンが組めなくて困っている人が多数います。

カードローンを賢く使う気持ちの持ち方

 

急にどうしても必要なものがある時にはカードローンが便利です。

 

例えば、友人などにお金を借りることを考えると、そのことで、お互いが気まずくなることも考えられますし、利子を上乗せしてと考えたりすると、カードローンできちんと決められた利子をお支払いするほうが、気分もスッキリするというものです。

 

私の場合は、急な不幸(お葬式)のおりにカードローンを利用しました。喪服を誂える必要があったのです。

 

現金もない訳ではありませんでしたが、遠方へ駆けつけなくてはなりませんでしたし、一緒に黒の靴も用意するのに、10万円を超す費用がかかったのです。

 

3回のカードローンをセットし、その後、きちんと支払いも済み、安心しています。カードローンは、ただ欲しいものがあるから使用すると、全体でいくら使ったのかわからなくなってしまいがちですが、本当に必要なものを必要な時に、最低限に収めて使えば、良いシステムだと思います。

 

当然利子もかかってきますが、緊急で何か物を購入する際には、仕方のない「投資」のようなものと私は考えています。

 

また私は銀行系のカードで、カードローンを使っています。あおのカードを持つこともステータスになりますし、お買い物の補償システムなども充実していて安心だからです。